ウイズユー司法書士事務所

サンク総合法律事務所


1社あたりの過払い金訴訟が140万円を越える場合は弁護士へ

ベストな債務整理の考察

借金を整理しようと決心したならば、可能な限り専門家に相談して事をスタートさせることが間違いがなく、時間も短縮できる方法だと言えます。
相談にのってくれる専門家とは行政書士、司法書士、弁護士になり、費用などはそれぞれに違いがあります。

ただし、行政書士は業者との交渉や裁判はできないことになっています。


業者と債務整理について交渉したり訴訟の申し立てをしたりするのに司法書士でもできるのかと思われる方も多いと思います。
現在では法律が変わり、弁護士以外でも認定司法書士であれば業者と債務整理について交渉や訴訟の申し立てができます。

認定司法書士とは法務大臣から認定を受けた司法書士で、業者と債務整理について交渉や訴訟の申し立ての代理人になることができます。

しかし、簡易裁判所での取り扱いに限られているため個人再生や自己破産のような地方裁判所への申し立てでは代理人になれません。
また、1社あたりの過払い金訴訟が140万円を越える場合も地方裁判所への申し立てになるため同じく代理人にはなれません。

このような場合には本人が申し立て人になる「本人訴訟」になりますが、司法書士はそれらに必要な書類の作成やアドバイスをおこないます。

債務整理の裁判では書類がきちんと書かれているかどうかがとても重要なポイントになります。
司法書士にお願いすれば借金をしてしまった当人の話をよく聞き、その内容から必要な書類をミスなく短期間で仕上げてくれるでしょう。

ヤミ金問題解決なら! ~ ヤミ金対応 「ウイズユー司法書士事務所」

■フリーダイヤル 0120-833-550

【闇金問題解決】 ウイズユー司法書士事務所