完済した借金も書きましょう

setumei2

債務一覧表には借金の全てを書くようにと言いました。
これだけだとほぼ全員が現在借金をしている業者だけを書きますが、実はすでに支払いが完了した業者の借金についても、その業者名と住所、完済した謝金額、借り始めた日、完済した日などを書いていただきたいのです。


なぜそんなことが今更必要なのかと思うかもしれませんね。
実は、借金の返済が完了した日から10年以内であれば、払い過ぎた利息があれば返還請求ができるからなのです。
払い過ぎた利息は過払い金といい、出資法に基づいて計算された高い利息を支払ってきた人の多くは引き直し計算をすると利息を払い過ぎている状態であったことが判明します。
その場合、お金を取り戻すことができるのです。

借金を完済してしまってからすでに10年以上が経ってしまっている場合は消滅時効となり、取り戻すことができないことが多いのですが、取引の内容によっては取り戻すことができることもあるのです。
したがって、簡単に勝手にあきらめてしまってはいけません。

完済してから返還請求をする場合には、借金を完済したことを証明する明細書が必要です。
しかし、多くの人はこの明細書を保管していないのです。
借金を返し終わったからもう必要ないと思ってしまう、明細書がなければ今後誰にも借金のことを気付かれないなどの理由で処分してしまうのです。

このように明細書がない、どの業者に完済したのかわからない、いくつの業者に完済したのか忘れてしまったなどもよくあることです。
そんな場合でも何か覚えていること、思い出すのに手がかりになることがあるはずですから、それらを手がかりに調べましょう。
どこの業者かがわかれば、後からでも取引開示を請求することもでき、そうすればいろんなことが分かるでしょう。

早期解決をお望みの方の債務整理の無料相談は、

こちら→0120-281-873(樋口総合法律事務所)(ヤミ金対応)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル→0120-281-873(樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は、
金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。