任意整理  過払い金

債務整理の中で任意整理を選ぶと、多くのケースで支払わなくてもよいお金が出てきます。
ここでもわかりやすくするために、日付を入れて考えてみましょう。

支払わなくてよい利息

【業者に最終取引日から和解成立日までの利息(未払い利息)を払わなくてもよい】
Dさんは平成20年3月15日に最終支払としたのがですが、その後生活が苦しくなり返済ができなくなってしまいました。
その後、司法書士あるいは弁護士に相談して、3ヶ月後の6月20日に任意整理を依頼したと仮定します。

司法書士や弁護士は依頼を受ければすぐに受任通知を発送して、すべての業者に取引履歴の開示を求めるとともに、引き直し計算をおこないます。
そして本来返すべき借金額が確定しますが、それまでに3ヶ月ほどかかるでしょう。

Dさんは9月10日の業者と和解が成立しましたが、最終取引日の3月15日から和解成立の9月10日までの約6ヶ月間は支払いがストップしています。
この期間の利息が未払い利息です。
しかし、任意整理では支払うべき金額が確定する基準日が最終取引日の3月15日となるため、この未払い利息は支払わなくてもよいのです。

【業者に和解成立日から完済日までの利息(将来利息)を払わなくてもよい】
任意整理の原則は3年で返済ですが、その期間の利息は払わなくてもよいのです。
毎月決められたお金を返済すれば、その分だけ借金残高が減っていきます。

【最終取引が借入でも業者に遅延損害金を支払わなくてもよい】
これは平成16年の日本司法書士会連合会が「司法書士による任意整理の統一基準」として決議しました。

このように司法書士や弁護士は専門知識を駆使しながら、返済計画がスムーズにおこなわれるようにしてくれるのです。

早期解決をお望みの方の債務整理の無料相談は、

こちら→0120-281-873(樋口総合法律事務所)(ヤミ金対応)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル→0120-281-873(樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は、
金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。