全ての借金を返済した例

niniseirigengakurei230ここでは詳しい内容は後ほど説明することとし、任意整理をした例をご紹介します。

Bさんはサラ金など5社に275万円の借金残高がありました。
色々とあり再就職したばかりで、給与は手取りで月収約22万円しかないにもかかわらず、毎月支払わなくてはならない額が約11万円もあったのです。


しかし、住宅ローンが月7万円、車の維持費や生活費などで約10万円は必要だったので、本来頑張って返済できる額というのは約4万円ほどしかなかったのです。

そこで借入履歴を元に調査をしてみると借金の減額はできそうでしたが、それがBさんの支払い能力までいけるかどうかはわかりませんでした。(4万円×36ヶ月=144万円・任意整理の原則支払い回数)
したがって、とりあえず毎月4万円の積立をする約束をしてから、任意整理の受任となりました。

司法書士や弁護士が債務整理を受任したことを貸付業者に知らせると借金の請求がストップします。
その結果、生活費が8万円程度に落ち着き、返済可能額も5~6万円ほどが可能となりました。
そこで引き直し計算をしたところ、なんと5社への借金残高は約48万円になったのです。
引き直し計算で約227万円も減額になったのです。

そこでBさんの意向を再度確認したところ、「E社は今までの積立金で一括返済をします。そして残りの4社もできるだけ速く借金を返済したい」というものでした。
交渉の末、毎月約3万円を支払うことで和解が成立し、14ヶ月後には全ての借金を返すことができました。

早期解決をお望みの方の債務整理の無料相談は、

こちら→0120-281-873(樋口総合法律事務所)(ヤミ金対応)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル→0120-281-873(樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は、
金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。