自分に最適な債務整理を見つける

setumei2

債務整理には3つの方法があると説明しましたが、そのどれが自分に合っているのかを知るには、「収入と借金の状況によって考える」ことが重要です。

ここでは3つの方法とその内容について説明しましょう。


まず債務整理を考えるならば任意整理で行えるかどうかを検討しましょう。
きちんと引き直し計算をすれば、借金がゼロになるばかりが場合によっては過払い金が戻ってくることもあります。

また、引き直し計算をしてもなお借金が残ったとしても、原則として3年以内に分割(36回)で支払えるのであれば任意整理がよいでしょう。
任意整理は裁判所を通さないので、司法書士や弁護士といった専門家に依頼して、貸金業者と交渉します。

次に引き直し計算をしても多額の借金が残り、3年(36回)の分割でも支払うことができそうにない場合は個人再生を考えましょう。

個人再生で支払わないといけない額は引き直し計算をした後の借金総額で決まります。
支払い途中の住宅ローンがあっても個人再生では住宅を手放すことなく進めることができるのが助かります。

しかし、もちろん住宅ローンは減額にはなりませんし、ある程度の制限もありますので注意が必要です。

最後に引き直し計算をしても将来の収入で返済できそうにない借金が残った場合、自己破産を考えることになります。
免責が認められれば借金がゼロになることもありますが、20万円以上の資産と99万円を越える現金を持っていた場合、それらを放棄しなくてはなりません。

早期解決をお望みの方の債務整理の無料相談は、

こちら→0120-281-873(樋口総合法律事務所)(ヤミ金対応)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル→0120-281-873(樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は、
金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。