任意整理  過払い金

任意整理だけでなく、個人再生でも自己破産でもまた、過払い金の請求をしても、俗に言うブラックリストに登録されます。
ブラックリストとは整理の対象にした相手が加盟している個人信用情報機関のことです。

ブラックリストに登録されるということを極端に怖がったり、悪いことだと思い込んでいたりする人がいますが、実際にはどんなことになるのでしょうか。

「ブラックリスト」を正しく理解する

まず、銀行やサラ金、信販会社からおよそ5~7年の間はお金を借りられないでしょう。次に自動車や住宅、物品の購入に際してローンやクレジットカードが使えません。
最後に現在所持しているクレジットカードの返済が遅れるとカードが使えなくなる上、新しいカードも作れません。
これ以外は特に何もありません。
会社を辞めさせられるわけでも、年金などの社会保証が受けられなくなるわけでもありません。
もちろん、運転免許やパスポートも取れます。
現在、住宅ローンがあってもきちんと支払いを続けているのであれば全く問題はありません。

ここではっきり申し上げたいのは、ブラックリストに登録されても日常生活にはなんら支障はきたしません。
逆に、この新たに借入が出来ないこと、ローンやクレジットカードを使えないことを前向きにとらえていきたいと思うのです。

今から債務整理をするということは借金とお別れし、新しい生活環境を整えるということです。
ブラックリストに登録されている5~7年の間に、借金をせずに暮らせる暮らし方を見つけ、それに慣れてください。
ブラックリストに登録されることで、二度と借金をしない生活を手に入れる努力もしましょう。

早期解決をお望みの方の債務整理の無料相談は、

こちら→0120-281-873(樋口総合法律事務所)(ヤミ金対応)

債務整理 弁護士

フリーダイヤル→0120-281-873(樋口総合法律事務所)

過払い金返還請求は、
金融庁の方針により信用情報の事故情報やブラックリストには載らなくなりました。